中小企業経営・中小企業政策

中小企業経営・中小企業政策

小企業経営・中小企業政策は1つの時間で試験を受けますが、科目としては中小企業経営と中小企業政策に分かれていることになっています。

中小企業経営は約8割の問題が中小企業庁が発行している中小企業白書から出題されます。主に対象となるのは試験の前年に発行された白書になります。例えば2016年の試験を受ける人が読むべきなのは2015年の白書になります。

中小企業政策では中小企業を支援する法律をを中心に学習します。細かい論点が出題されることも多いので、法律ごとに「いつできて何を目的としているか?」を覚えておく必要があります。

診断士を志している人にとってはテーマ自体は取り組みやすい教科だと思います。しかし範囲は広いので直前の暗記に頼り過ぎないよう計画的に学習を進めてください。