経営情報システム 中小企業診断士

経営情報システム

営情報システムでは一般的な企業でも使われる範囲の情報技術を学習します。一般的な〜とは言っても、パソコンやインタ−ネットに苦手意識がある人には厳しい学習になるでしょう。反対に仕事で情報システムに関わっているような人でしたら得点源にできる試験内容だと思います。

専門用語が多数でてきますが頻出事項はある程度暗記が必要です。覚えるべきことは覚えてあまり深入りし過ぎないほうがいいでしょう。なお情報システムという性質上、最新の技術に関連した出題がされることもありますが、新しい技術を追うのは効率的ではありません。

それよりも過去にも出題されている領域を確実に得点源にするのが試験対策上はよいでしょう。なお2次試験では経営情報システムの専門的な内容は問われていません。

年度によって難易度に変化があり、特に2015年の試験は急激に難化しました。そのような場合でも頻出とされるポイントをおさえていれば40点以上を確保することは可能です。

※技術士(情報工学部門登録者)・システムアナリスト・アプリケーションエンジニアなどの資格を保有している人は申告により試験が免除されます。