企業経営理論 中小企業診断士

企業経営理論

小企業診断士の受験生は企業経営に関心がある人が多いでしょう。ですから企業経営理論は勉強に取り組みやすい科目といえそうです。

だからといって楽に得点できるかというと必ずしもそうではありません。過去問を見ても単純な暗記だけではなく、設問をしっかり読み込んで理解できないと正当できない問題が増えています。

あいまいな知識のままでは、苦手な意識は少ないのに得点は伸びないという状況になりやすい科目です。

企業経営理論の学習範囲は大きく分けると経営戦略・組織論・マーケティングの3つです。

経営戦略では長期的な視点から企業活動はどうあるべきか?を学び、組織論では企業に関わる「人」を中心に企業のあり方を学び、マーケティングでは商品やサービスを売るための仕組みを学びます。2次試験対策でも重要となる科目なので優先的に学習しましょう。

通勤講座では企業経営論の第1回目を無料で視聴できます。